2011年9月2日金曜日

ウリ坊が中耕のお手伝い

イノシシって案外賢いですね。花壇が草だらけだった時には草の根が邪魔だからでしょうか何もせず、除草したら途端に掘りくり返してくれました。例年この時期には電気柵を設置しているのですが、今年は作業が遅れてこの有様です。

たぶんミミズを狙っての仕業でしょうが、ミミズが多いのを有機物が豊富と喜ぶべきか、それとも未分解の粗大有機物が多いからと問題にすべきか。ミミズだけでなくコガネムシの幼虫も食べてくれたでしょうか?それなら嬉しいけど。幸いなことにバラの根元はまったく掘っていませんが、これは?

バラの被害は、テスト中の「芽接ぎ挿し」が2本踏みつぶされました。その1本は1cmほどの根が3本出ていたので残念です。その他は遮光ネットが「遮獣ネット」になって、なんとか守られました。

ま、いいや。2日間かけて周囲に電気柵を張り巡らせました。パワーユニットはガラガー社製のB-12で、周囲約200メートルの3段(一部4段)張りです。実測5,000Vのパルス電流が流れます。強力なパワーユニットはアフリカ象も倒すそうですが(ホントか?)5,000Vのパルス電流では、感電すると腕が軽くしびれる程度(何度か経験済み)です。地面がマイナス電極なので、地下足袋を履いていないウリ坊にはこれは相当のショックでしょうね。

電気柵には問題点が2つあって、感電したウリ坊がビックリして柵の内側に突入すると母親も感電を恐れずそれに続くそうです。もう一つは雑草。草が電線に触れると漏電して電圧が下がるので、頻繁に草刈りをする羽目になります。

ま、いいや。 ウリ坊が中耕してくれたので、バラは喜んでいるでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの投稿はどなたでも可能です。「コメントの記入者:」で「名前/URL」を選んでください。名前はニックネームでもOKです。URLやメールアドレスは不要(未記入でもOK)ですが、差し支えなければURLもお願いします。

コメントの投稿方法は、2015年7月の記事「コメントが消える?」を参照してください。