2016年1月11日月曜日

実生台木を作る ー2 ゴンベエさんの種まき

天気予報が変わって明日は傘マーク。土が湿ると作業がやり辛くなるので、急遽台木用のタネを蒔くことにしました。台木用ノイバラのタネは11月中旬に採取し、「実生台木を作る ー1」で紹介したように 冷蔵保存しておいたものです。

たおやかな胴長美人を

接ぎ木する部分がきれいな台木を、私は「たおやかな胴長美人」と喩えています。そのような台木を作るには幾つかコツがあるようです。バラ苗生産農家にそれを教えてもらったので、このシリーズでは「胴長美人」を追いかけてみます。

「良苗率」は?

「実生台木を作る ー1」の「捕らぬタヌキの皮算用」で、「良苗率」が曖昧なのに気づきました。発芽してそこそこ育ったとしても、接ぎ木する部分が短かったり曲がっている台木は使いにくいものです。根が分岐する部位から「バッドユニオン」=芽(枝)が集中して出る部位までが素直に長く伸びている台木が好ましいですね。そのような「たおやかな胴長美人」を作るには、播種と定植までの幼苗の段階でほぼ決まると思います。

左の台木は福岡県筑後のバラ苗生産農家が作った台木です。根や胴の状態がとても良好です。このような台木が作れるようになりたいと思います。ただしこの台木はたぶん1〜2週間程度は?水に浸けられていたようで、根がやや傷んでいるように見えます。

関連記事:2014年11月19日「穂木と台木の充実度がポイント バラの接ぎ木」

「良苗率」に自信が無いので、蒔く間隔を計画の3cmから5cmに拡げて、その分苗床を少し長くして600粒のタネを蒔くことにしました。必要な苗は 200本なので、発芽率を50%とすれば3本のうち2本が良苗であればいい計算になります。

ノイバラ台木の苗床を作る

「ダイコン十耕」 バラの場合は?

きれいなダイコンを作るには「ダイコン十耕」といって畝を何度も深く耕起して細かく砕土します。バラの場合はどうなんでしょうね? そんなことを思いながらトラクターで「十耕」しました。土が湿っているのであまり細かくはできませんでしたが、雨が降る前に種まきしたいのでやむを得ません。

畑土には、残り物の堆肥や籾殻燻炭、ボラ土、パーライトなどを混ぜましたが、いずれも少量なので入れたのがわからない程度です。

元肥は「土と植物の薬膳」(現商品名:「土の薬膳」)の 粉体 を2Kg入れました。1平米あたり500gで「全層施肥」です。「土と植物の薬膳」にはペレットと粉体の2種類がありますが、5ヶ月間の栽培なので粉体を選びました。

手前のトロ箱に入れているのは覆土用です。畑土から、篩(フルイ)を使って赤玉土中粒より大きいゴロ土を除きます。6月になったら、右奥の畝(12M)に200本を定植する皮算用。

耕土の深さと根の状態

これまでの経験では、耕土が深い場合は太根が長く伸び、逆に根域が制限されると細根が多く出る傾向があるようです。
今回は苗床ですし、あまり深くは耕起しませんでした。トラクターの耕耘爪が楽に届く深さの20cm程度です。実生苗を掘り上げて定植する時期には、根長は30cmになっていると思われますが、細くて長い根は定植時に切るので、長さよりも本数が多いほうが好ましいと思います。さてどうなることでしょう。

参考事例 プロの場合:「いぶし銀のバラ屋|バラの台木選別」

スポンジケーキみたいな苗床

「スポンジケーキ」みたいな苗床

近所の農家のおばあちゃんに、『◯◯ちゃんが作る畝はスポンジケーキみたいね』と笑われます。『◯◯ちゃん』とは私のことで、この歳になっても『ちゃん』です。笑(ありがたいことです)。
・・だって、あんなに小さいタネだもん、土の団粒よりも小さいんじゃないかな。でも、それでも発芽するんですね。植物はすごいよ。

スポンジケーキに「水糸」を張って畝幅を調整しています。ほんとにアホだね。

覆土は1cm

腰の痛さよ、バラのタネ蒔き

「筋蒔き」するつもりでしたが、発芽率を正確に見るため「粒蒔き」にしました。ベッドに指で深さ1cmの穴をあけ、そこにタネを一粒づつ「捻り蒔き」で入れていきます。
5cm間隔で1列に15粒。列間は10cmで、40列です。これで600粒。

寒さは苦になりませんが、腰が痛い。10粒蒔いては立ち上がり腰を伸ばして、種蒔きだけで2時間ほどもかかりました。発芽率は75%程度とわかってはいても、ふと不安がよぎります。『うまく発芽してくれよ』

覆土は1cm。畑土6:バーミキュライト3:籾殻燻炭1の割合です。篩を使ってケーキに粉砂糖をかけるように被せました。1M X 4M の苗床なので、1cmの覆土なら40Lで足りるはずですが、全然足りません。計算を間違っている?(算数苦手)。結局60L覆って妥協しました。「スポンジケーキ」みたいなふかふかの畝なので「鎮圧」は平鍬を使ってしっかり押さえました。これでタネは(植え穴の中なので)地表から1cm下にあると思います。「バラ播き」したもの(2012年2月の記事:「バラの種ばら播き」)と較べれば、今回は深いはず。

ビニールトンネルを設置

イタズラカラス

畑を見下ろす北側の山にはカラスの巣があって、4〜5羽が作業を始めた頃から騒がしく飛び回っていました。これまでも弁当やおやつを盗られたことがありますが、困るのは、播種した畝に興味があるのか、畝の土をほじくり回すことです。それをやられると腰の痛さを我慢してタネ播きしたのが水の泡。この悪戯を防ぐ目的もあって、ビニールトンネルを設置しました。

ビニールトンネルは、強い雨に叩かれてタネが弾き飛ばされたり表土が固まるのを防ぐ効果もあります。

じつは、この苗床はまだ完成していません。畝の全面に「籾殻燻炭」を1cmの厚さに敷きます。今日は時間切れでそこまでできませんでした。ビニールトンネルと籾殻燻炭、順序が逆ですが、カラス対策のためやむを得ません。

覆土を厚くしさらにその上に籾殻燻炭を敷くのは、初生葉(双葉)が出る位置をできるだけ高くし「胴長美人」を作るためです。タネが発芽するとき光を必要とする「好光性種子」と、逆の「嫌光性種子」がありますが、バラはそのどちらでもない(発芽と光が関係しない)種子のようです。曖昧ですが、少なくとも「好光性種子」ではないことは確かでしょう。 参照:タキイ種苗|山田式家庭菜園教室|タネの発芽不良の原因と対策

したがって、覆土を厚くしたりその上にさらに籾殻燻炭を被せることが、発芽を妨げることはなさそうです。もちろん程度ものですが、その辺りを探ることも今回のテーマのひとつです。

関連記事: 2012年4月25日「ノイバラ台木の実生苗作り(プロの場合)」
2012年4月29日「ノイバラ台木の実生苗作り(プロの場合)−2」

1月20日追記:裾の始末

昨日は瞬間最大風速20m/sの風が吹いたのですが、トンネルはだいじょうぶでした。

トンネルの裾にプラスチックの薄いボードを入れて、風が入らないようにしました。これには、この後入れる籾殻燻炭の飛散を防止する目的もあります。

12Lほど潅水しましたが、夕刻にはうっすら結露していました。透明マルチの薄いビニールで作ったトンネルですが、それなりに保温効果もあるようです。

2月9日追記:「籾殻燻炭」でマルチング

播種から30日が経過。この簡易なトンネルは1月24日の大雪にも耐えました。遅ればせながら今日「籾殻燻炭」を入れました。ビニールを捲るとちらほらと緑の双葉が出ています。『しまった、遅れたか』

でもそれにしても早過ぎるのでは。
よく見るとそれは雑草のようです。不規則にあちこちに(タネを蒔いていない部分にも)出ているのでノイバラではないと気づいて、ほっと安心。

籾殻燻炭は約40Lを被せました。5mmから1cm程度の厚さです。その後3回目の水やり。これからは気温が上がってくるので、換気や潅水に注意が必要になってきます。

発芽は、播種から50日後の今月末頃になると思われます。これからしばらくは期待と不安の日々が続きます。はやく発芽しないかなぁ。

2月14日追記:発芽の兆し

昨日13日は南風が吹き小雨模様。『ラッキー、これで潅水の手間が省ける』とビニールトンネルを捲り上げていました。そのまま「スタンダード芽接ぎ挿し」の作業に没頭し、夕刻から風雨が強まったのに気づいたときは土砂降りで、やむなくそのまま放置。

今朝見に行くと案の定籾殻燻炭が風に吹かれて片寄っています。ところが、籾殻燻炭が薄くなった部分に芽が出ていました。一定間隔で列になっているのでこれは(たぶん間違いなく)雑草ではありません。右側の尖った双葉は雑草ですね。左端の糸のように細いものはノイバラだと思います。

1月11日の播種から34日後です。私の予想よりは早い発芽ですが、これはホンの一部ですから発芽が揃うのはもう少し後になるでしょう。籾殻燻炭を被せたのは5日前ですが、ぎりぎりセーフだったのか、その効果が出て「胴長美人」になりそうな気配はあります。

とりあえず一安心(・・と言うか、小躍りしたくなるほど嬉しい)です。

実生苗による台木作りは初めてのことではなく、量の差はあれ毎年ノイバラのタネを蒔いているのに、今年は特に嬉しいのは、テストではなく「本気蒔き」だからなんでしょう。

バラの栽培を始める前は野菜を作っていました。その頃も同じでしたが、栽培で私がいちばん嬉しいことは「発芽」です。『収穫が嬉しい』と言う栽培者は多いだろうと思いますが、私は収穫はもっぱらバーバラまかせ。それは今も続いているようで、私はみごとに咲いたバラを愛でることよりも(そんな花を咲かせたことがないけど/笑/それなりの花がかってに咲いてくれるだけ)、接ぎ木苗がグングン育ったり、今回のように発芽するのを見るのが好きです。ロザリアンやガーデナーというより、私はやはり「百姓」(ゴンベェさん)なんですね。

師匠のデービッドさんも似たようなことを言っています。「バラの交配 初めの一歩 | バラの栽培でいちばん楽しいこと」。似てるとしても、デービッドさんの場合は「自分で交配してできた種を播いて‥」ということですから、レベルが違いますが。

このページを読んでくださっているあなたは、バラの栽培でいちばん楽しいことはなんですか?

2月22日追記:発芽を確認

播種から6週間後。生育の良いものはこの程度の大きさになりました(根端は切れています)。覆土やマルチングの厚さにムラがあるので、この時点では未だ揃っていません。

マルチングした籾殻燻炭が部分的に厚過ぎたかもしれず、水やりも足りなかったようで、発芽率は75%以下になりそうな感じです。

厄介なのは同時に雑草も芽吹いてくること。特に、大量に発芽する「ホトケノザ」の双葉は形がそっくりです。本葉が見え始める時期には色で区別がつきますが、そのまま放っておくと「ホトケノザ」の伸びる根がノイバラの根に絡まって拙いと思うので、見つけしだい除草しています。

次の投稿:「卒業 おめでとう」 前の投稿:「"三ツ矢サイダー" でスタンダード芽接ぎ挿し」        |ホーム|      

2016年1月3日日曜日

"三ツ矢サイダー" でスタンダード芽接ぎ挿し

私が写真撮影を担当している草月流の華道家から、『(生け花の)水揚げに最も効果があるのは、切り花延命剤などよりも 三ツ矢サイダー』というお話を聞き、それを試してみることにしました。テストに使うのは、45日前に採った2メートルほどの長尺枝です。そのままバケツの中に放置していました。

この長尺枝は付け根の部分に食害痕があったらしく、手入れ中に簡単にもげてしまいました。長さも太さもスタンダード仕立ての台木としての条件を備えていたのでもったいないと思い、基部を「水切り」してバケツの中に入れておきました。そのまま45日間も放置してしまったのは、スタンダード仕立てを養生する場が準備できていないからです。でも、それ(ビニールハウス)が完成するのはもう少し時間がかかりそうで、 これを使って "三ツ矢サイダー" を試すことにしました。

この枝は45日間まったく変化を見せませんでした。枯れるのでもないし、でもカルス形成の兆しもなく芽も動かず、完全に「眠り込んでいる」状態です。これは去年の「芽接ぎ挿し」と同じで、失敗につながる拙い兆候です。枝葉が無く「蒸散」が期待できないので、これはなんらかの方法で「叩き起こす」必要があります。

今回テストする長尺枝はこのように長期間放置していた特殊なケースですが、そうではなくともこの時期の枝葉が無い長尺枝は同様に「眠り込んでいる」(休眠している)状態です。長尺枝の表面はワックスに覆われ枝葉が無いから「蒸散」することはなく、したがって長尺枝内部の水は停滞したままです。

そのような長尺枝を切って挿し木しても内部の水は動かず「休眠状態」が続きます。すぐに枯れることはありませんが、発根していないのでやがて接いだ芽も長尺台木そのものもゆっくり枯れていきます。これが昨年の失敗のパターンでした。これを避けるには、「長尺枝には先端に葉を残し温室内で管理する」という、「蒸散させることで長尺枝内部の水を移動させ活性を維持する」ことが重要なポイントです。これに関する考察は昨年の記録をご覧ください。

残念ながら今回の長尺枝には葉は1枚もありません。問題はこのような場合はどうするか?ということ。自然の状態なら春になれば芽吹きますが、切り離されているこの長尺枝を挿し木して屋外に置けば、芽吹く可能性は低いと思います。

ではどうするか? そこで思いついた方法が「三ツ矢サイダー」と「捻枝」です。

スタンダード芽接ぎ挿し 三ツ矢サイダーでスタンダード芽接ぎ挿し

写真上左:ゴチャゴチャして見づらい写真でごめんなさい。現在、庭の鉢バラを畑に引っ越し中なんです。今回は1株だけなので、2メートルの長尺台木を支えるのに、使わなくなった古い三脚を利用しました。長尺枝は支柱に固定され、その支柱が三脚に掴まれています。三脚のエレベータを上下させることで、基部がサイダーの液量の変化に対応できる仕組みです。

写真上右:「水挿し」ならぬ「サイダー挿し」です。基部を調整した台木を差し込むと、ビックリするくらい大量の泡が噴出して、内容量の1/4を失いました。

接いだのは「シー フォーム」です。この季節はほのかにピンク色に染まって可愛い花を咲かせています。

あらかじめ「芽抜き」をしておいた台木に2芽接ぎました。いずれもF芽接ぎ(貼り芽接ぎ)です。接いだ芽がすぐ判るように赤の油性ペンでマークしています。この写真の角度では下側の1芽しか見えていません。

芽接ぎした上の部分は「捻枝」しました。これは養分の移動が目的ではなく「台木にショックを与えて覚醒させる」のが目的です。休眠したままの台木では「三ツ矢サイダー」だけではうまくいかないかもと思ったからです。ペンチで枝を潰し、ゆっくり捻ったつもりだったのですが、思った以上に折れてしまいました。

覚醒させるのが目的なので少々手荒なことはかまわないのですが、枯れ枝みたいに折れたのは気になります。この折れた部分に雨水が入るのは拙いので、ビニール袋を被せました。保温の効果はほとんど無いと思われます。この場合、覚醒させる(代謝を活性化させる)のに最も有効なのは「温度」なんでしょうけどね。

華道家にとっては「水揚げ」は重要な基本です。幾つものテクニックがあるようですが、「三ツ矢サイダー」の効果を力説されるのに興味を持ちました。糖類が含まれているのは「切り花延命剤」も同じですが、三ツ矢サイダーの特徴はなにより 炭酸 でしょう。それがどのような効果を生むのかについては話がありませんでした。華展会場での雑談だったのでその根拠を問うのも憚られるし、問うまでもなく自分で試せばいいことだと思いました。なので、これがバラの水挿しにも効果があるのかはまったく不明です。

糖質を多く含んでいるとしても、炭酸水なので雑菌は短期間にはさほど増えないのでは?と思うのですが。サイダーの減り具合を観察し、以降は「炭酸水」か水道水を補充しようと考えています。三脚のエレベータを上下させることで基部の観察も容易なので、しばらく様子を見るつもりです。

1月7日追記:三ツ矢サイダーに挿して4日が経過。長尺枝の基部にも全体にも目立つ変化はありません。捻枝して下向きになった枝先の頂芽がホンのわずか大きくなったような気もするのですが、これは期待が大きいゆえの「気のせい」かも。笑。

生け花の花材を水揚げするとき、三ツ矢サイダーに入れるのはたぶん数時間程度だと思われます。この長尺枝の場合、内部の水分は動きがない状態なのでもう少し時間がかかるだろうと思い4日間そのままで、特に根拠は無いのですが、今日7日「三ツ矢サイダー」を「水道水」に換えました。

ボトルに残ったサイダーを捨てるとき、炭酸の泡は立ちませんでした。既に「砂糖水」になっていたものと思われます。しかもかなり甘い水でしょうね。

オキシベロン

水道水には、発根を促す植物ホルモン「オーキシン」の製剤である「オキシベロン」をごく少量混入しました。
この長尺枝は長期間放置していたので、たぶん流失したものも多いだろうと想像するから(これも根拠無し)です。

強いてその根拠らしきものをあげるとすれば、これまで何度も紹介した岐阜大学 応用生物科学部 園芸学研究室の福井博一教授の「挿し木の基本」です。

入れたままにするので希釈率は5,000倍程度(テキトウ)です。オーキシンは、低濃度では目に見える効果が無く、高濃度では逆効果なんだそうですが、はたしてテキトウで効果があるのか、これまた不明です。

「オキシベロン」についての過去記事:
"オキシベロン 原液 一瞬"

ちなみに、「オキシベロン」の右にあるのは、発芽を促す植物ホルモン「サイトカイニン」と 類似の作用をする「ビーエー液剤」です。今回は(まだ)使っていません。

このようなテストに何か意味があるのでしょうか。適期に挿し木して芽接ぎをすれば「成功してあたりまえ」のことなのに‥と思っていると、『アホだな〜♪』という声が聞こえてきました。どうやら、先月放送された懐かしいTV番組の再構成「学校へ行こう 2015」の「軟式glove」を観た孫娘が マネして歌っているようです。

『そうだよアホだよ ♪』

暖かだった福岡の正月も明日からは「平年並み」の寒さになるという予報。しかたがない。芽接ぎした長尺枝は三脚に取り付けたまま(支柱の全高2.4M)家の中に入れるとするか。

1月10日追記:3日後の10日、「オキシベロン・水道水」をただの「水道水」に換えました。挿し穂(台木)の捻枝した部分から上の芽はわずかに大きくなったと(気のせいではなく)思います。でも、接いだ芽も挿し穂の基部にも変化は見られません。状態を観察するために台木にも幾つか芽を残しておけばよかったんですが、これは後の祭り。

2月10日追記

室内に置いていたこの「水挿しの長尺枝」をハウス内に移動しました。基部にカルスの盛り上がりは無く、でも腐敗したり枯れたような感じもしません。接いだ芽も「黒変」してはいないようです。

「捻枝」した部分よりも上の(枝の先端の)芽は、僅かですが大きくなっています。40日が経過しても枯れていないので「導管」は繋がっているのでしょうね。

芽接ぎ(貼り芽接ぎ)した芽は赤のサインペンでマーキングしています。芽の切片が「黒変」していないのがわかります。

この長尺枝(台木)は今日まで3ヶ月間も水に浸けられていたことになります。水の交換もほとんどしないままだったのに、腐敗もせずに頑張ってきました。

これまでも何度か「水挿し」をしたことがあります。最近では昨年9月にHTの1株から5本の挿し穂を作って「水挿し」しましたが、その内2本が発根し3本はまったくダメでした。同じ条件ですから、発根するか否かは、長い枝のどの部分で作った挿し穂かという違いだけです。

そしてそれには季節的な要因も絡んでくるのだろうと思っています。

今後どうなるか微妙な状態です。接いだ芽はごく僅か動き始めたよう気もするのですが、基部にカルスが生成される兆しが見えないのがなにより気がかりです。

さりとて「失敗」と断定することもできず(廃棄するのは忍びなく)、3ヶ月後の2月11日、水から出してそのまま(何も手を加えず)挿し木用土に挿して、この日作業した「スタンダード芽接ぎ挿し」の8株と並べてハウス内の支柱に固定しました。写真左の右端のポットです。

基部を少し切り戻して新鮮な切り口にすべきか迷ったのですが、先端附近の芽の様子からごく僅かでも水が上がっている気配があること、カルスの生成に必要な養分やオーキシンは、少量でもこの切断面に集まっているのではないか?と考え(期待し)ました。

水から出して土に挿すことが刺激になって(酸素が供給される環境になることで)発根が促されるといいのだけれど。。

今シーズンの「スタンダード芽接ぎ挿し」では、水分が保持されることと同時に、酸素が供給されることを意識した方法を(私なりに)工夫しました。この長尺台木もそれと同じものを使っています。

実生台木を作る ー1

バラの接ぎ木をするための「台木」を実生で作る作業記録を開始します。栽培品種や台木用の実生苗はこれまで何度か作ったことがありますが、今回はその全行程を記録してみようと思います。

ローズヒップ

接ぎ木する手法は、10月のT芽接ぎ(T字法芽接ぎ)、11月のF芽接ぎ(貼り芽接ぎ)、そして1月のデービッド接ぎと切接ぎです。いろんな手法を試すのは自分に合ったものを見つけるためですが、そのほかに、栽培・管理している栽培品種のバックアップ苗を作る目的もあります。

ローズヒップは11月中旬に陽当たりの良い場所の完熟したものを採取し、このような密閉容器に入れて45日間ほど冷蔵保存していました。これは、寒さに遭わせて「休眠打破」するためですが、過去の失敗経験から過湿と5℃以下の低温にならぬよう注意しました。

私は肥培管理がヘタで、過去の事例では10月中旬のT芽接ぎまでに充分な太さに育たなかったので、今回は少し早めに1月中旬の極寒期に播種する予定です。

ノイバラのタネを水洗

台木を育てる畝はベッド幅90cmで長さ12Mです。これに株間12cmで2条植えするので、定植時に必要な苗数は200本になります。

昨年はプラグトレーで発芽率をチェックしましたが、約75%でした。今年は畝(苗床)に直播するので発芽率を50%と見込めば、必要なタネの数は400粒。生育不良や定植時の痛みを考慮して600粒を「筋蒔き」で播種する予定です。5月末頃、茎の太さが「爪楊枝」程度になるまで苗床で育てます。

播種する苗床はベッド幅90cmですがトンネルを設置するので有効幅60cm。1列に20粒(3cm間隔)で計30列。列間は10cmにするので苗床の長さは300cmです。もっと大量のタネを「バラ播き」すれば簡単ですが、「間引き」が苦手なので、播種が面倒でもこの方法でやる予定です。

2012年2月9日の記事「バラの種ばら播き」に、12Mの畝全体を苗床にした例があります。僅かな苗しか必要ないのに。ま、それはそれで楽しかったからいいんですけど。このような経験を重ねて「皮算用」もできるようになりました(笑)。

ローズヒップからタネを取り出す作業にも慣れて、2時間程で約800粒のタネを確保しました。もし粒が小さいタネを見つけたら捨てます。これを台所の流し用の水切りネット(これがとても便利)に入れ、流水に浸けて「発芽抑制物質」を洗い流します。

断続的に水を流し2日間ほどの時間をかけて洗ったら、苗床の準備ができるまで再び冷蔵庫に保管します。

2016年1月2日土曜日

ちきゅうにやさしくする。

2016年になりました。今年も みんなに いいことがたくさんありますように。

ちきゅうにやさしくする

8歳になった孫娘が 1週間ほど前に 折り紙の裏に描きました。

『この親指はなに?』と聞いても、恥ずかしがって答えてくれません。 ま、いいや。『こういうことに関心を持つほど成長したんだ』と じいじは嬉しいです。これを(これからも)栽培の指針にしていこうと思います。