2016年12月31日土曜日

バラと宿根草 Roses and Perennials

宿根草アカンサス・モリスの根を掘り出すデービッドさん

鹿児島県大隅半島の花の木農場で開催された "Gardening with David" に参加しました。今回のテーマは「バラと宿根草」です。

デービッドさんと仲間たちが進めている花の木農場の造園作業は、前の記事「南大隅のバラ 2016年」で紹介していますので、ここでは宿根草のことをほとんど知らない私がメモ替わりに撮った写真を並べます。

了解を得てテキストの一部を引用します。日本語訳は丸野里美さんです。

デービッドさんの講座 "Gardening with David" では、いつも丸野里美さんがアシスタントをしてくれます。控えめながらこまやかな心配りで、講座が楽しく進行します。ありがとう。

写真下:講座の会場「花の木農場」の2016年5月。

花の木農場の2016年5月のバラ花壇

David B. Sanderson
日本語訳:丸野里美

If roses are the King in your garden then Perennials are the Queen. Well I have thought so a couple days ago, in other words, they help each other.

バラがお庭の王様なら宿根草は王妃様です。ということを2〜3日前に考えました。つまりお互いに支えあう存在だということなのです。

This time of year in late October through is a good time to spilt penneials because it's not too cold yet I mean no frost has fallen yet.

一年の中で、10月の終わりもしくは11月の後半ごろまでが宿根草の株分けに適した時期です。寒すぎず、つまり霜が降りていない時期のことです。

To help them get better, you must split them every year.

その宿根草をよりよく育てるために、毎年株分けをしてください。

There are some different types of perennials. I want to show hou to split the perennials which planted close to roses and other perennials.

宿根草にはいくつかの異なる種類があります。今日はみなさんに、このバラや他の宿根草の近くに植えられた各種ことなる宿根草の株分けの方法をお伝えしたいのです。

デービッド・サンダーソンさん

The different types are Bulbs, Corms, Tubers, Tuberous Root, and Rhizomes. Most people think that anything that looks like a bulb is a bulb. For e.g. dahlia most people think they are bulbs! But they are not really they are Tuberous root, like potatoes and Satumaimo. They are not bulbs.

異なる種類というのは、球根、塊茎、球茎、塊根そして根茎です。

多くの方々が、球根に似たような形のものを全て球根だと思いがちです。しかし、それは塊茎のこともあるのです。例えばダリアは球根だと思われがちですが、実は塊根です。じゃがいもやさつまいもと同じ種類で、球根ではないのです。

なるほど。では実際の作業を見てみます。

ディギング・ホーク

まず必要な道具は ディギング・フォーク(以下DFと略) です。今日の作業では大小2サイズ計3本のDFを作業内容に応じて使い分けます。

宿根草の株分けには、もうひとつ欠かせないものがあります。それは、根腐れの原因になる病原菌の侵入を防ぐ殺菌剤 硫黄粉剤(有機JAS規格適合) です。

硫黄粉剤
アガパンサスの根茎

アガパンサスは「根茎/RHIZOME」のようです。

手順

  1. 大きめのDFで株を丸ごとすくいあげるように掘り出す
  2. 2本の小さめのDFを根茎の固まりに背中合わせに挿し込む
  3. DFを左右に開くと根茎の固まりが分かれる
  4. 写真下程度の大きさに分け、硫黄粉剤をまぶす

『道具の選択が重要』とデービッドさんは言いますがDFを使えば根が切れることが少なくなります。

デービッドさんはいつも手袋を使いません。
硫黄粉剤も素手で扱います。

ディギング・ホークで根茎を分ける 分割した根茎 硫黄粉剤をまぶす
ペンステモンの花

ペンステモンは上記の分類には含まれないようです。

これも宿根草で、私のところにも以前デービッドさんからもらった株が旺盛に育っていますが、株分けをするとさらに元気良くなります。

手順

  1. DFで株を丸ごとすくいあげるように掘り出す
  2. DFや鋏などではなく、手で分割する
  3. 写真下程度の大きさに分け、硫黄粉剤をまぶす
ペンステモンの株
株をまるごとすくいあげる 株を分割する
5月の花壇のバラと宿根草

王様と王妃様

バラを植えてから1年半。宿根草は約半年です。写真左奥の赤いバラは「ダーシー・バッセル」で、右奥に「ペンステモン」が並んでいます。それと絡むように右に「L.D.ブレスウェイト」が植えられていて、それが少しだけ見えています。

「ダーシー・バッセル」の手前が「キノフォーフィア」、その右が「アカンサス・モリス」です。 撮影時には気づかなかったのですが、キノフォーフィアの色が右手前の「パット・オースチン」と似ていておもしろいと思います。

デービッドさんもそれを意図しているのでしょうか、パット・オースチンの周りに適当な間隔を空けてキノフォーフィアが5〜6株も植えてあります。このページのトップから2枚目の写真にそれが写っていますが、開花期が長いキノフォーフィアに比べ、パット・オースチンは既に春一番花のピークを過ぎています。バラと同時に咲いたり遅れて咲いたり、まさに「王様と王妃様」ですね。

宿根草キノフォーフィア 株を分割する
葉を切る 基のフォーフィアの根茎

キノフォーフィアは「根茎/RHIZOME」ですね。

手順

  1. DFで株ごとすくいあげ、DFを使って分割
  2. 葉を20cmほどに切る詰める
    (アガパンサスの場合は葉を切りませんでした)
  3. 硫黄粉剤をまぶす

デービッドさんは少年時代をアラブ首長国連邦のドバイで過ごし、その後英国に戻ってリーズ市立の園芸学校でガーデニングを学びました。園芸が盛んな英国では各地に園芸学校があり、徒弟制度的な方法で技術を習得するのだそうですが、『この季節は毎日のように宿根草の株分けをやらされていた』と苦笑していました。

オフロードバイクのレースに出場するのが好きだった18歳の青年にとって、「宿根草の株分け」は退屈な作業だったのかも。でも修行の成果でしょうね、さすがに手慣れたものです。
日本人はあまり使わないディギング・フォークの使い方についてもそこで習得したのでしょう。

「硫黄粉剤」は有機JAS規格適合の農薬(殺菌剤)ですが、化学合成農薬の使用が多い日本では、これもなじみのあるものではありません。『例えばボルドー液のように、効果が高くて、しかも安全( 有機JAS規格適合)で、安価な農薬があるのに、日本ではなぜ使われないんだろう』と不思議がっていました。

サルビアの塊茎

花を確認できなかったのですが、サルビア・グァラニティカ(メドーセージ)か、あるいはブルーサルビア(サルビア・ファリナセア)かも。どちらも同じ『シソ科サルビア属』で、これが「塊茎/TUBER」です。

掘り上げた塊茎 サルビアのイモ
硫黄粉剤をまぶす サルビアの挿し穂

ブルーサルビアは挿し木でも増やすことができます。挿し穂は2節で、基部は節で切り、上は葉を少し残して、挿し穂の半分程の深さ(デービッドさんの指の位置)に挿します。

中央の濃緑色で深く切れ込ん葉、長い花穂を伸ばしているのが「アカンサス・モリス」です。
2016年5月 かのやばら園のイングリッシュローズ・ガーデンで撮影。

デービッドさんが植えたものですが、管理は既にデービッドさんの手を離れています。この辺りのバラや宿根草の植付けには私もちょっとだけ参加したのですが、今後どうなるのか気になります。

かのやばら園のアカンサス・モリス
バラとアカンサス・モリス アカンサス・モリスの花径

アカンサス・モリス は「塊根/TUBEROUS ROOT」です。株元から横へ伸びるゴボウみたいな太い根をDFを使って探し、掘り出します。このページ冒頭の写真のように、足で葉を押さえると作業がしやすいようです。

塊根を掘る

株そのものは掘り上げません。根を掘り出すとき折れてもかまいません。根を数cm程度に切り分け、硫黄粉剤をたっぷりまぶします。

塊根を切る

植付けは「根伏せ」(写真:下)です。
地表面に水平に浅く(半分が土に埋まる程度で)植え付けます。芽や新根は切断面から出てくるのだそうです。

硫黄粉剤をまぶす 根伏

この項目は 書きかけ です。

2016年12月27日火曜日

南大隅の薔薇 2016年

この記事は、2015年5月12日に投稿した「南大隅の薔薇」の続編です。

今年2016年は、5月18日と11月30日の2回、鹿児島県南大隅町の「花の木農場」を訪問しました。

今回11月の訪問は、そこで開催される講座 "Gardening with David in 花の木農場" に参加するためです。今回の講座のテーマは「バラと宿根草」ですが、それは別記事「バラと宿根草 Rose and Perennials」にまとめることにし、ここではデービッドさんと仲間たちが手がけている花の木農場のバラの春と秋の様子などを写真で紹介します。

2015年の秋に、「鐘」のある新しい花壇と仲間たちの新しい居住棟(右)が完成しました。

花の木農場の鐘 花の木農場の居住棟
花の木農場の花壇2016年11月

バラを植え付けてから15ヶ月後。2015年の大隅半島の夏は天候不順でデービッドさんもバラの管理に気を揉んだようです。

2014年秋の整地作業から翌年2月のバラの植付け、その後の管理まで熱心に取り組んだ安藤君。

仲間の安藤君 花の木農場の花壇2016年5月

デービッドさんも彼がガーデナーとして自立できるよう期待していたのですが、農場側の人員配置の関係で現在は厨房の仕事をしています。

『またいつかバラの仕事に戻りたい』のだそうです。

花の木農場の花壇2016年5月
ERのランブラー「モーヴァン・ヒル」 鐘のある花壇

2015年から16年にかけて花の木農場内の整備が進みました。デービッドさんや仲間たちの手で現在も進行中です。花が少ないのは台風16号の影響(後述)です。

左:ERのランブラー「モーヴァン・ヒル」
南国の大隅半島ではやや白っぽく咲くようですね。5月の写真と見比べると、1メートルほど伸びているのがわかります。

ガーデナー デービッド・サンダーソン氏

イングリッシュローズの植付け方法について、特に植え付ける深さについて、2015年5月の「南大隅の薔薇」で詳しく紹介しています。そのように植えたバラのその後の様子を紹介します。

イングリッシュローズの植付け方法

この写真は2015年2月の植付け作業時の様子です。
どのように植えるか、デービッドさんが仲間たちに説明しています。

ポイントは苗を植える「深さ」で、デービッドさんは強くこれに拘ります。具体的には、定規が地表面で
デービッドさんの左手親指の下に接ぎ木部分があり、土を入れると写真のように「深植え」になります。

植付け後

この深植えされた株からどの程度ベーサルシュートが出ているのか、それを確認するのも今回の訪問の楽しみのひとつでした。

この写真に見える「土」に注目。詳細は後述します。

2015年5月6日

植付けから3ヶ月後。ウッドチップが厚く敷かれた地際から、数多くのシュートが出ているのがわかります。
これは「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」です。(この3枚の写真はデービッドさんの撮影)。

「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」

支柱は植付け時から1本もありません。上右の写真で支柱のように見えるのは宿根草の花茎です。

2016年11月30日

ベーサルシュート

『深植えするとベーサルシュートが出ない』というのは、少なくともイングリッシュローズに限って言えば、 間違った認識だということがわかります。

気象庁台風経路図

気象庁台風経路図 平成28年(2016年)第16号

今年9月20日の0時、台風16号が大隅半島に上陸し、幹線道路が寸断されるなど甚大な被害を与えました。

台風の中心は花の木農場のある南大隅町のほぼ真上を通過し、そのときの気圧は955hPa、最大風速は40Mの強い台風でした。

花の木農場は丘の上にあるので特に風が強かったのでは。大きな樹木や石碑などが倒れたそうですが、バラは葉が傷んだだけで、株が倒れたり枝が折れるような被害は無かったそうです。

この3枚の写真、11月30日の撮影にしてはバラの葉が瑞々しくきれいですよね。現地でこれを最初に見た時、自分が管理しているものと較べてショックを受けました。

でも話を聞いてみると、台風の風で葉が傷んで(飛んで)しまい、これらはその後に出た新葉なんだそうです。よく見ると古い葉はほとんど無いので、いかに風が強かったのか想像できます。

対策として、尿素を 200倍の液肥 にして土壌潅注して新葉の展開を促したのだとか。9月20日ということからすれば、これは秋の花のためというより秋に株を充実させて来年に備えるためなんだろうと思いました。

デービッドさんの愛犬スパーキー

デービッドさんの愛犬スパーキーが今日もみんなの仕事を見ています。
『ペットじゃないよ、トモダチだよ』
スパーキーは "Diabetic Alert Dog" になるトレーニングを受ける計画があるのだとか。偉いぞ、スパーキー!

新しいレストランとそれに付随するキッチンガーデン工事

写真上:農場の入り口付近には、新しいレストランとそれに付随して、野菜やハーブ類を供給するキッチンガーデン(?)の工事が始まっています。

ユンボを操作しているのはバラ苗を一緒に植え付けたクリスさん。植付け後に丁寧に地面を均していたMORIさんはビーバー(エンジン草刈り機)を操作するのが大好きで、今はもっぱらビーバーで山仕事なんだそうですが、仕事の合間に、はにかみながら、挨拶に来てくれました。

NHKの番組やネットの情報によれば、薩摩硫黄島を含む鬼界カルデラの二度の大爆発(7300年前と6300年前)では巨大な火砕流が海を渡って大隅半島に達し、またその噴出物は南部九州一帯に厚く降り注ぎ、この地の縄文文化に壊滅的な打撃を与えたのだとか。

この火山灰は 「鬼界アカホヤ火山灰」(Wikipedia)と呼ばれ、「白色または淡褐色(オレンジ色)を呈し、農業には適さない」とされているのだそうです。

『地元の人は "かまつち"と呼んでいる』とクリスさんに教えてもらいましたが、左の写真の中央部に見えるのがそれ。水はけが悪そうで空気も含みにくい、いかにも農業には適さない土のように見えます。かのやばら園も「心土」はこの土のようです。焦げ茶色のものは堆肥、白い粒はゼオライトです。

かまつち 土作り
石垣と堆肥

デービッドさんはこの「農業には適さない」土にバラを育てるために、新しい花壇を作る場合は半年前からかなり大量の牛糞+豚糞堆肥(花の木農場で生産)を投入し、ユンボを使って深耕しています。

すでにバラを植えている花壇には、マルチングを兼ねて大量の粗大有機物と堆肥を投入します。一見雑に見える程の量ですが、それくらい投入しないと「かまつち」の土壌改良は進まないのだろうと思います。

そういえばエコパーク水俣のバラ園もかのやばら園も、マルチングにはかなり粗い有機物を大量に使用します。『たまたまそうなのか』と思っていましたが、鬼界アカホヤ火山灰帯には有効なことなのかも。

この石垣は花壇を造成した時に出た石だそうですが、たぶん鬼界カルデラの大爆発にともなうものでしょうか、そんな色をしています(素人の推測/笑)。

大隅半島の気候風土。梅雨期の大量の降雨、真夏の酷暑と乾燥、秋の台風。英国とは大きく異なる環境でバラや宿根草を育てるのはけっして容易なことではないのでしょうね。

農場の秋の夕暮れ

花の木農場を訪問した日は、夕暮れになるとなぜか妙にせつない気持ちが胸をよぎります。

入り日を見ているスパーキー

それはたとえば、遠く離れた知らない町を車で走っていて夕暮れになり、車窓から人家の灯りが見えて、

『ああ、ここにも人々の暮らしがあるんだな』

と思う、そのような「人恋しさ」にも似た感覚です。

花の木農場の夕暮れは、ここに暮らす仲間たちや、とりわけデービッドさんのことを想って、より感傷的になるのかも。