2012年1月12日木曜日

瓜坊ついに御用

私のバラ園の中耕をしてくれたウリ坊が、猟友会が仕掛けたワナにかかりました。
一昨年の秋仔だそうで、1歳と少し。まだウリ坊特有の縞模様があります。

賢いヤツで、餌だけ食べて喰い逃げしてたんですが、ついに。油断したんだろうね、かわいそうに。人間の恐さを思い知ったか。

でも、ウリ坊って可愛い目をしているんだな。猟友会の話によれば、イノシシが養豚場の豚と交雑して顔つきが豚に似てきて鼻が短くなり、しかも多産になったのだとか。年に2回、純粋な野生種の倍の4〜5頭の仔を産むのだそうです。

猟友会:『この山だけでも少なく見積もっても数百頭、いや千頭以上はいるな』

おいおい、冗談じゃないぞ。

3 件のコメント:

  1. 悪がき「うりぼう」可愛い目をしているのですね。それに思ったより細め?私は野良猫が嫌で(苗を掘り返して、おしっこ・うんち をするので)水をかけて追い払うのですが、猪やうりぼう だったら、こちらが逃げそうです。

    返信削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  3. ほんとに可愛いヤツでした。もしかしたら『坊や』ではなく『ウリ子』か?と思うくらい(笑) でも鼻っ柱は強くて、檻の中で鉄柵に激突しても怪我はしないし、痛そうなそぶりさえありませんでした。

    昨日(14日)夕方、猿渡先輩秘伝の土作りの材料探しのため、先輩と一緒に大間池のほとりを歩いたのですが、数カ所にイノシシの足跡や土を掘りくり返した痕跡が。しかも、でかくて新しい足跡です。う〜ん、やはり千頭いるのか。。この時期、イノシシはタケノコを狙ってすぐ近くにやって来ます。私の畑は、現在植栽作業のため電気柵の一部を取り外しているのですが、こりゃ危ないぞ。「ウリ子の仇討ち!」と団体でやってきたら、腰抜かすだろうな。

    返信削除

コメントの投稿はどなたでも可能です。「コメントの記入者:」で「名前/URL」を選んでください。名前はニックネームでもOKです。URLやメールアドレスは不要(未記入でもOK)ですが、差し支えなければURLもお願いします。

コメントの投稿方法は、2015年7月の記事「コメントが消える?」を参照してください。