2015年11月23日月曜日

作業記録:バラのスタンダード 2016(その2)

バラのスタンダード仕立てを「芽接ぎ挿し」で試みる作業記録(その2)です。このページでは、長尺台木に「ツルバラ」を使う場合について、その準備を考えてみます。

Last update : 11/24/2015 21:38:07

ツルバラのドルトムント ツルバラのザ・ジェネラス・ガーデナー

今回は "ドルトムント"(左)と "ザ・ジェネラス・ガーデナー" を長尺台木にして「芽接ぎ挿し」を試みます。

"ドルトムント" は画面左下から右上に向かって伸びている枝を使います。全長は3メートルほどで、先端には花が咲いています。この株は秋にもたくさん咲いたのですが、今はピークを過ぎました。オレンジ色の大きいローズヒップがいっぱい実っています。

ERの "ザ・ジェネラス・ガーデナー" は 画面中央のほぼ垂直に伸びている枝です。これは高さ2メートルから上で何本か枝分かれしています。枝の太さが小指程度の部分に「芽接ぎ」をするので、それより上の枝は捻枝し、下にある枝は葉の残り具合を見て捻枝するか切り捨てるかします。

この株はドームの支柱に添わせて伸ばすつもりだったのですが、固定するとなぜかその枝が枯れるので株全体も元気がありません。別の仕立て(自然樹形の大型シュラブ)にするため、今冬は大きく切り戻します。なのでメインの枝を切ることに躊躇はありません。

*註:芽接ぎする台木の「太さ」は、接ぐ栽培品種の種類によって異なります。HTは芽が大きいので太い枝が必要で、枝が細く芽も小さなウイーピングやポリアンサはもっと細くても可能です。でも、太い枝のほうが形成層が出る部分が広くなるので、芽接ぎの成功率は上がると思います。

候補の枝は 2品種とも春に株元から出たベーサルシュートです。「芽接ぎ挿し」といういささか無謀な(?)方法が成功するためには、台木(長尺枝)の「充実度」がポイントだと思うので、そのために現時点で可能なことはなんでしょう。

  1. 花やローズヒップは早く切り捨てる。葉は多く残す
  2. 長尺台木にする枝は芽接ぎする日まで切らない。その他の枝は(ふつうに)12月に剪定する
  3. 休眠しないように、即効性の肥料を与える
  4. 芽接ぎをする部分を見定め、そこにより多くの養分が蓄積されるよう「捻枝」をする
  5. 葉のない脇枝は切り捨てるか、捻枝する
  6. 「芽抜き」をする
  7. 殺菌剤を塗布して菌密度を下げておく

この7項目はツルバラだけではなくノイバラでも同じでしょうね。6. の「芽抜き」は充実度のアップには関係ないかも。3. の施肥が妥当かどうかはわかりません。7. の「殺菌剤」は穂木にも撒布しておけば安心です。

発根と発芽のタイミングが重なる「芽接ぎ挿し」。

発根 発根を促すために長尺台木を活性化するには、台木の先端に葉があって適度に蒸散するのがいい。
発芽 発芽と頂芽優勢の関係を考えれば、芽接ぎした部分より上の枝葉は切除したい。

この発根発芽の矛盾を、もしかしたら「捻枝」が解決してくれるかも。なぜこれまで気づかなかったんだろう。

2016年2月追記:2016年の「スタンダード芽接ぎ挿し」は、3人で計18本を挿しました。その様子を 「The happydays of Roses」の2月11日と13日の記事 で簡単に紹介しています。ツルバラの長尺枝を台木にするのは4本(4品種)試みています。「捻枝」をしたりしなかったり、結果はまだわかりませんが、うまくいってもいかなくても、詳細は後日紹介する予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの投稿はどなたでも可能です。「コメントの記入者:」で「名前/URL」を選んでください。名前はニックネームでもOKです。URLやメールアドレスは不要(未記入でもOK)ですが、差し支えなければURLもお願いします。

コメントの投稿方法は、2015年7月の記事「コメントが消える?」を参照してください。