2011年10月3日月曜日

鈴木ぼかし作り開始

鈴木ぼかし」とは、鈴木満男さんの「バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック」(日本放送出版協会)P42の「ぼかし肥のつくり方」で紹介されるぼかしのことです。用途はバラの寒肥で、株の近くに宿根草などが植えられていて寒肥の穴を掘る余地がないとき、この「鈴木ぼかし」を1株あたり5リットルほど株元にマルチングします。

準備した材料は、赤玉土100Kg 油かす40Kg 乾燥鶏ふん60Kg 米ぬか6Kgです。ぼかし肥用微生物資材はアクアリフト300LNです。

数日前から畑の中で何か臭うなと感じていましたが、犯人は「乾燥鶏ふん」。覚悟を決めて撹拌作業に。パレットと防水シートそして木枠は正解で、向◯さんから提供された "い草の花ゴザ" もジャストサイズ。作業は(重労働ですが)順調に進み、赤玉土が臭いを吸着したのか、それとも私の嗅覚が麻痺したのか、作業開始後まもなく臭いは気にならなくなりました。ちょうどその頃にOさんが来られましたが、もしかしたら臭かったかも(^^;

左官さんがモルタルを捏ねるときの要領を思い浮かべながらひたすら撹拌。水は材料の55~60%と書いてあります。アクアリフト300LNの希釈液を100リットル使いましたが、やはりホンの僅かに水分が足りないような気がしますので、明日20リットルほど追加します。pHは5.75でした。良いボカシが出来そうな気がします。お楽しみに。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントの投稿はどなたでも可能です。「コメントの記入者:」で「名前/URL」を選んでください。名前はニックネームでもOKです。URLやメールアドレスは不要(未記入でもOK)ですが、差し支えなければURLもお願いします。

コメントの投稿方法は、2015年7月の記事「コメントが消える?」を参照してください。