2011年12月16日金曜日

うしろすがたの

時雨もようの中で、遅れていた根深ネギの土寄せをしました。バラの花壇を作るため二日連続でスコップを握っていたので、昨夜は右肘が痛く今朝も力が入りません。

自嘲
うしろすがたのしぐれてゆくか

山頭火

若い頃は百姓の真似事をするなど思いもしませんでした。土地に根をおろしそこで一生を過ごすよりも、たとえ漂白流浪の身であっても風のように気ままな人生に憧れていました。

私の家系はずっと昔からこの地の百姓であったことがお寺の過去帳などからわかります。その血が私にも流れているんでしょうね。私が愛用している平鍬と三つ又鍬は祖母が使っていたものです。どちらも私にはちいさなサイズなんですが、今ではそれもすっかり体になじみました。鍬を手にしながら、『あと何年生きられるかわからないけど、このまま土を耕しながら・・というのも悪くないかな』と思うようになりました。

まだやり残していた「CLアイスバーグ」の剪定を終える頃から冷たい雨になり、早めに切り上げて帰宅。

昼過ぎ、猿渡先輩が来訪され歓談。先輩の知識と経験の豊富さにあらためて刮目。

午後、薪ストーブを設置。


ストーブの火を見ていると、意識がトロトロしてきます。

こぼさんから借用しているバラのDVDに新品種の作出に関するエピソードが幾つか紹介されています。

例えば河本純子さん作出の「ブルーヘブン」(2003年)は、18年の育種期間中に100万個の種を播種したとか。

う〜ん、夢を見てるのか。

次の投稿:「玄界灘の恵みをバラ園に」   前の投稿:「更新剪定」 ホーム| 

2 件のコメント:

  1. なかなか素敵なストーブですね。カレーやおでんも作れそうで(笑)そらさん自慢のストーブのようですね。今週は寒くなるそうですのでフル活用ですね(羨ましい)
    船越の牡蠣、私も何回か行きましたが、「牡蠣殻をバラに」は思いつかず、私のお腹の中ばかりです。そらさんは色々な情報を探されますね。

    返信削除
  2. 薪ストーブはバーバラのお気に入りで、私は煙突掃除夫か薪割り係です。

    私は夕暮れが好きでこの季節は6時頃(周辺は真っ暗)まで畑にいます。今朝は一面の霜できれいでしたが、既に昨日の夕方から空気が冷たかったですね。昨日はバラの苗床を作る予定の畝をトラクタで耕起していたのですが、ハンドルを持つ手がかじかんでいました。家に帰ると、薪ストーブの暖かさが待っています。バーバラと私のささやかな贅沢です。

    > そらさんは色々な情報を探されますね。
    猿渡先輩ほどではありませんが(笑)
    自分が必要としているものや関心事を他の方に伝えておくと(時間はかかりますが)情報を教えてくれる方が現れます。
    今朝は花壇の縁取りに使う木製ブロック100個ばかりを◯◯さんに届けました。『ほしい』と私に伝えられたから、私もその気になって調達しました(そんな大げさなものじゃなく、あるところに貰いに行っただけなんですけど)。

    返信削除

コメントの投稿はどなたでも可能です。「コメントの記入者:」で「名前/URL」を選んでください。名前はニックネームでもOKです。URLやメールアドレスは不要(未記入でもOK)ですが、差し支えなければURLもお願いします。

コメントの投稿方法は、2015年7月の記事「コメントが消える?」を参照してください。